化学揺らぎによらない発熱リプライと吸熱リプライの事

化学改革の時について演習をしました。まずは、化学改革によらない発熱反響と吸熱反響についてだ。水に蕩けるときの反響は、発熱のときは水酸化ナトリウムを水にとかすと気温が上がります。吸熱のときは、硝酸アンモニウムを水にとかすと気温が下がります。これは、アイシング剤の理屈と同じです。状態改革をしている間、気温が変化しないのは熱量労力を状態が罹るための労力に使用しているからだ。例えば、氷1gが水になるためには約334Jの労力が必要です。電流が過ぎる水溶液に2系統のメタルを閉じ込めると、2つのメタルの間に電圧が生じます。陽イオンへのなりやすさをイオン化トレンドといいます。イオン化トレンドが広いメタルが−極めて、イオン化トレンドが少ないメタルが+極になります。イオン化トレンドが大きい(陽イオンになりやすい)亜鉛板は、電子をあて亜鉛イオンとなります。このようなことを演習しましたが、知らないことを学べて良かったです。アコム ネット 審査 時間

化学揺らぎによらない発熱リプライと吸熱リプライの事