原子力発電所は、はたして絶対悪なのだろうか

各地の地方裁判所や高等裁判所で、原子力発電所の稼動についての判決が割れています。
原子力発電所の立地によって、いろいろと考慮すべき問題というのは違ってくるでしょう。
福島第一原発の事故以降、その安全性や事故が発生したときの影響について、厳しい目が向けられているのは確かです。
ひとたび事故が起きれば、私たちの想像を超えた影響が出るというのは、慎重にならざるを得ないじゅうぶんな理由になります。
使用後の核燃料の処理についても課題は山積している状態で、みんながみんな諸手を挙げて賛成ということはないでしょう。
しかし、政治的な思想は別にしても、いまの日本には原子力発電がもたらすメリットも大きいというのは事実だと思っています。
いずれ失くすべきものだとは思いますが、資源の少ない日本で、大気を汚さず、安価で大量のエネルギーを供給するものは他にありません。
原子力発電で賄われた分の利益などを、次世代のエネルギーへの転換を推進するための費用としてもよいのではないかと思います。
物事には、どんなものでも良い点もあれば悪い点もあるので、バランスと将来の展望というのが重要なものなのではないでしょうか。高麗美人 購入

原子力発電所は、はたして絶対悪なのだろうか